装備品貸与制度

 

 当森林組合の新規林業技術者を確保するため、新規就労の際に必要な装備品を貸与することによって装備品等の購入による初期投資負担の軽減を図る制度です。

 

対象者

  • 当森林組合へ新規に就労を希望し採用された者で、満18歳以上概ね40歳までの者

 

制度期間

  • 平成31年4月1日から令和5年3月31日まで(終期については変更の可能性あり)

 

貸与時期

  • 新規就労時の1回のみとし、貸与品の更新はしないものとする。

 

貸与品の返還

  • 対象者が退職または解雇になった場合、速やかに貸与品を返還すること

 

貸与品の管理

  • 貸与品の管理に十分留意し注意を以て取り扱わなければならない
  • 貸与品の維持管理に要する費用はすべて対象者の負担とする

 

貸与品一覧

  ・ヘルメット           ・防護服(ズボン)

  ・ジャケット           ・防護ブーツ

  ・笛・防護メガネ、耳栓等     ・防振手袋

  ・燃料タンク           ・丸ヤスリ

  ・クサビ(大・中)        ・グリスポンプ

  ・フェリングレバー        ・腰鉈           など

     ※ 物品購入は、過度にならないものとし、その都度協議検討して購入する。

     ※ 上記以外に必要・不必要な物品がある場合は、その都度協議して購入する。

 

上記の事項は、内容が変更になる場合があります。